株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

ニコラ・ドートリクール
Nicolas Dautricourt

- France  - Violin

華麗で情熱溢れる音楽表現
今をときめくフランスのエスプリ

世界最大の音楽見本市カンヌMIDEMにてクラシック・ディスカバリー賞、またSACEM(フランス著作者/作曲家/出版社協会)のジョルジュ・エネスコ賞獲得など、フランスの同世代のヴァイオリニストたちの中でも、最も秀でた魅力あふれる演奏家の一人。

フィリップ・ヒルシュホルン、ミリアム・フリート、ジャン=ジャック・カントロフに師事。リンカーン・センター・チェンバー・ミュージック・ソサイエティのメンバーとして活躍。フランス国内ではサル・プレイエル、シャンゼリゼ劇場、シテ・ド・ラ・ミュジーク、オルセー美術館、メス・アルセナル文化センター、ラン歌劇場、プロヴァンス大劇場等、ほかワシントンD.C.のケネディ・センター、ニューヨークのアリス・タリー・ホール、ロンドンのウィグモア・ホール、モスクワのチャイコフスキー・コンサートホール、ベレン国立劇場、コペンハーゲン・コンサートホール、ボストンのガードナー美術館、石川県立音楽堂、仙台市青年文化センターなど、世界各地で演奏。2016年には、第23回Victoires de la Musiqueにソリストにも招かれた。

ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、フランス国立管弦楽団、デトロイト交響楽団、モントリオール・メトロポリタン管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ケベック交響楽団、メキシコ・シティ・フィルハーモニー管弦楽団、オーケストラ・アンサンブル金沢、ベオグラード・フィルハーモニー管弦楽団、ウクライナ国立フィルハーモニー、ニース・フィルハーモニー管弦楽団、レナード・スラットキン、パーヴォ・ヤルヴィ、ファビアン・ガベル、クリスティアン・アルミンク、トゥガン・ソヒエフ、フランソワ=グザヴィエ・ロト 、エイヴィン・グルベルグ=イェンセン、マイケル・フランシス、山田一樹、ユーリ・バシュメット、アリー・ファン・ベーク、デニス・ラッセル・デイヴィス、ジャン=ジャック・カントロフなどの指揮者のもと演奏。

エネスク音楽祭、ロッケンハウス室内音楽祭、米カリフォルニア州の「Music@Menlo」、ラヴィニア音楽祭、パルヌ音楽祭、ダヴォス音楽祭、シントラ音楽祭、モンテカルロ春の芸術祭、エヴィアン音楽祭、ラ・フォル・ジュルネ(東京)、また世界有数のジャズフェスティバルにも多数招かれている。ヴィエニャフスキ国際コンクール、リピツァー賞国際コンクール、ベオグラード国際青年音楽コンクール、ヴィオッティ国際コンクールに入賞。

Voted Classical Discovery of the Year at the Midem in Cannes and awarded the SACEM Georges Enesco Prize, Nicolas Dautricourt is one of the most brilliant and engaging French violinists of his generation.

A soloist guest in February 2016 at the « 23rd Victoires de la Musique », Member of the prestigious Chamber Music Society Two of Lincoln Center in New York, he appears at major international venues including the Kennedy Center, Wigmore Hall, Alice Tully Hall, Tchaikovsky Hall, Bunka Kaikan Hall, Salle Pleyel and Théâtre des Champs-Élysées, as well as many festivals around the world such as Ravinia, Lockenhaus, Davos, Radio-France/Montpellier, La Folle Journée Nantes/Tokyo.

He has performed as a soloist with the Royal Philharmonic Orchestra, Orchestre National de France, Detroit Symphony, Montreal Metropolitan Symphony, Orchestre du Capitole de Toulouse, Sinfonia Varsovia, Orchestre Philharmonique de Liège, Québec Symphony, Mexico Philharmonic, NHK Chamber Orchestra, Kanazawa Orchestral Ensemble, Belgrad Philharmonic, Kiev Philharmonic, Nice Philharmonic, under conductors Leonard Slatkin, Paavo Järvi, Fabien Gabel, Christian Arming, Tugan Sokhiev, François-Xavier Roth, Eivind Gullberg Jensen, Michael Francis, Kazuki Yamada, Yuri Bashmet, Arie Van Beek, Dennis Russell Davies, Jean-Jacques Kantorow…

Regular guest of numerous prestigious festivals, classic and jazz, such as the Enesco Festival in Bucarest, Lockenhaus Kammermusikfest, Music@Menlo, Ravinia, Pärnu, Davos, Sintra, Printemps des Arts de Monte-Carlo, Rencontres Musicales d’Evian, Folles Journées de Nantes et de Tokyo, Jazz à Vienne, Jazz in Marciac, Sud-Tyroler Jazz Festival, Jazz San Javier, Copenhagen Jazz Festival, and the European Jazz Festival in Athens, finalist and prize-winner of numerous international violin competitions (Wieniawski, Belgrade, Lipizer, Viotti), he has studied with Philip Hirschhorn, Miriam Fried, Jean-Jacques Kantorow, and plays a magnificent instrument by Antonio Stradivarius, the « Château Fombrauge » (Cremona, 1713), on a generous loan from Bernard Magrez.