株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

チャランガぽよぽよファミリーコンサート
Charanga poyo poyo family concert

子供は夢を膨らませ、大人は子供心を取り戻す
〜親子で楽しい 詩とラテン〜

ラテンの陽気なリズムとメロディーで歌われる日本語の歌

写真左から 高瀬”makoring”麻里子(ヴォーカル)、坂上領(フルート, etc.)、帆足彩(ヴァイオリン)

【対象】
0歳〜(推奨:4歳〜低学年)親子[参加型]
60分公演|休憩無・未就学児入場可

【企画概要】
お子さま向けとしては珍しく、ラテン音楽をお楽しみいただくコンサートです。NHK「みんなのうた」などの日本語の歌を、陽気で楽しいラテンのアレンジでお届けします。言葉を覚え始めた小さいお子さまにもぴったりの「詩」のコーナー、客席参加型のコーナー、楽器紹介など、盛り沢山の60分。自然と身体が動き出す、親子でノリノリ!のファミリーコンサートです。

          

【出演】チャランガぽよぽよ

「子供は夢を膨らませ、大人は子供心を取り戻す」をコンセプトに活動するラテン系脱力バンド。フルートの坂上領、ヴァイオリンの帆足彩によって2001年に結成されました。チャランガとは、フルートとヴァイオリンが絡み合うキューバのエレガントなラテンスタイルの一つ。ヴォーカルの高瀬 ”makoring”麻里子は、谷川俊太郎をして「まこりんの歌で聴くと、詩が活字で読むよりもずっと深く心に届くのに驚く」と言わしめ、日本語のうたの表現力に定評があります。「みんなのうた」などを愛のあるアレンジでお届け。日本経済新聞紙上の特集、親子で聴く「音育」でも紹介され、話題になりました。大人も子供も絵本を見ているかのように楽しい、そんな夢いっぱいのバンドです。

【メンバー】
坂上 領(フルート) Ryo Sakagami
帆足 彩(ヴァイオリン) Aya Hoashi
高瀬 ”makoring”麻里子(ヴォーカル) ”makoring” Mariko Takase
ぽよファミリー3名(ピアノ、ベース、パーカッション)

 

【公演内容】

◆朗読と歌◆
言葉を覚え始めた小さいお子さまにもぴったりの「詩」のコーナー。谷川俊太郎などの詩を朗読と歌でお届けします。
朗読:谷川俊太郎「ことばあそびうた」より
♪かえる(谷川俊太郎)
♪かんぴょう(北原白秋)
ほか

◆楽器紹介&参加コーナー◆
それぞれの楽器の特徴を、面白く分かりやすくご紹介します。一緒に体を動かす参加型コーナーも設けて、子供たちも飽きることなく、ラテンの浮き立つようなリズムを体験していただきます。
♪チェブラーシカのうた
ほか

◆本格ラテン音楽◆
大人のコアな音楽ファンも大満足の、本格的なラテン&ジャズのステージ。ミュージカルやアニメの名曲などを、絶妙なラテンやジャズのアレンジでご堪能ください。
♪チムチムチェリー
♪ひつじのショーン
ほか

 

 

©Illustration by YUYA
Photo by KUMI WATANABE

Artists

坂上 領
Ryo Sakagami

- Flute, etc.

日本大学芸術学部卒。自己のバンド『piada』にてCD3枚、帆足彩とのユニット『チャランガぽよぽよ』にて2枚をリリース。これまでに共演、録音参加したアーティストに生田絵梨花(乃木坂46)、井上芳雄、草彅剛、Sound Horizon、菅原洋一、杉山清貴、高嶋ちさ子、Chage、NAOTO、元ちとせ、松下奈緒など多数。2015年には初の著書となるフルート教本を出版。雑誌「THE FLUTE」vol.125の表紙を飾る。近年はフルートを中心にEWI、リコーダー、オカリナ、ティンホイッスルなども駆使する幅広いスタイルで、様々なジャンルを「広く深く」追求する音楽活動を展開。

帆足 彩
Aya Hoashi

- Violin

高知県出身。東邦音楽大学在学中より、音楽活動を開始。クラシック、ジプシー、ラテンジャズ、ポップスとボーダーレスに活動している。「チャランガぽよぽよ」にてアルバム2枚をリリース。これまでマルシア、May.J、デーモン閣下、大竹しのぶ、西村雅彦、佐久間レイ、中尾隆聖、岡本知高、中川翔子など、多くのアーティストと共演。映画「わが母の記」「眠り姫」他、ミュージカル「若草物語」「TRAILS」など、参加作品も多数。箏教師の母の影響で小学生の頃から箏と三味線も始め、生田流宮城社大師範の資格を持つ。

高瀬 ”makoring” 麻里子
"makoring" Mariko Takase

- Vocal

ミュージカル、演劇、舞踊など多彩な舞台経験を経て、谷川賢作(P)率いる現代詩をうたうバンド”DiVa”のボーカルとなる。谷川俊太郎をして「まこりんの歌で聴くと、詩が活字で読むよりもずっと深く心に届くのに驚く」と言わしめた、日本語のうたの表現には定評がある。他、ハモり女子三歌楽坊”トランスパランス”、伴奏者なしの”まこソロ”など、ライブスタイル多数。NHK朝ドラ「あまちゃん」「おちょやん」角川映画「沈まぬ太陽」などの劇伴やCM、子供向けアルバムにも数多く参加。又、永作博美主演「頭痛肩凝り樋口一葉」や「カゴメ劇場」など、舞台の歌唱指導にも起用されている。