株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

マイケル・コリンズ
Michael Collins

- UK  - Clarinet, Conductor

魅惑の音色と真の品格
クラリネット界のレジェンド

同世代で最も多才な音楽家の1人。ソリストとして傑出したキャリアを持つだけでなく、近年では指揮者としても高く評価されている。ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの芸術監督、シティ・オブ・ロンドン・シンフォニアの首席指揮者(2010年〜2018年)ほか、最近ではメルボルン交響楽団、BBC交響楽団、チューリッヒ室内管弦楽団などでの客演指揮および吹き振りを行っている。

近年の主な活動としては、再びフィルハーモニア管弦楽団を指揮したほか、ミネソタ管弦楽団、スウェーデン室内管弦楽団、ライン州立フィルハーモニー管弦楽団、京都市交響楽団、BBCコンサート・オーケストラ、クオピオ交響楽団などと共演し、南アフリカ、オーストラリア(メルボルン交響楽団)、日本、メキシコ(メキシコ交響楽団)をはじめ世界各国で演奏した。

60歳を迎えた2022年には、ウィグモア・ホールとクイーン・エリザベス・ホールにてロンドン・モーツァルト・プレイヤーズとの共演で記念コンサートを行ったほか、グラモフォン誌において見開き2ページにわたるインタビューが掲載された。2021年1月、ウィグモア・ホールが設立した新たなアンサンブル「ウィグモア・ソロイスツ」のデビュー公演を行った。ヴァイオリニストのイザベル・ファン・クーレンとコリンズ率いる世界のトップ奏者達が、デュオから最大10名編成までの幅広い室内楽レパートリーを演奏する。同年、BISレーベルからリリースしたシューベルトの八重奏曲は高い評価を受ける。

長年クラリネットのレパートリー拡大にも尽力しており、ジョン・アダムズ/「こぶだらけのボタン」、エリオット・カーター/クラリネット協奏曲(収録CDはグラモフォン賞受賞)、ブレット・ディーン/「アリエルの音楽」、マーク=アンソニー・ターネジ/「リフとリフレイン」(ハレ管弦楽団委嘱作品)など数多くの作品初演を、精力的に行っている。特にターネジ作品については、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、ロイヤル・フランダース・フィルハーモニー管弦楽団、ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団と再演を重ねている。これら優れた現代作曲家達の作品初演における極めて重要な貢献が認められ、2007年ロイヤル・フィルハーモニック協会より「インストゥルメンタリスト・オブ・ザ・イヤー」を授与される。

室内楽奏者としての活躍もめざましく、ボロディン弦楽四重奏団、ヒース四重奏団、ベルチャ弦楽四重奏団、アンドラーシュ・シフ、マルタ・アルゲリッチ、スティーヴン・ハフ、ミハイル・プレトニョフ、ジョシュア・ベル、スティーヴン・イッサーリスなどと定期的に共演するほか、自身が創立したロンドン・ウィンズ(2018年で結成30周年)も、BBCプロムス、アルデバラン・フェスティバル、エディンバラ・フェスティバル、シティ・オブ・ロンドン・フェスティバル、チェルテナム・国際フェスティバル、バス・モーツァルトフェスなど多くの音楽祭に出演している。2019/20シーズンはウィグモア・ホールのレジデンス・アーティストとして、スティーヴン・ハフ、ウィーン・ピアノ・トリオ、レオナルト・エルシェンブロイヒ、マイケル・マクヘイル、ボロディン弦楽四重奏団と共演した。

レコーディングも多く、20を超えるシャンドス・レーベル他、ドイツ・グラモフォン、デッカ、EMI、ソニーより数多くをリリースしている。最新のリリースはBISレーベルより、フィルハーモニア管とのモーツァルトの五重奏曲と協奏曲、バーチャルのクラリネット協奏曲、およびウィグモア・ソロイスツとのモーツァルトのクラリネット五重奏曲で、BBCミュージックマガジンの五つ星を獲得した。
2021年にはスティーヴン・ハフとのブラームスのソナタ集を、また2020年7月には自身の吹き振りによるフィルハーモニア管との「ヴォーン・ウィリアムズ:交響曲第5番」と「フィンジ:クラリネットと弦楽のための協奏曲」をリリース。このディスクはグラモフォン誌とBBCミュージックマガジン共に五つ星を獲得し、“このかなり珍しいカップリングはワールド・クラスのクラリネット奏者のおかげで在り得た”と評され、BBCラジオ3及びプレストマガジンの独占インタビューでも激賛された。
その他の最近の録音では、スウェーデン室内管弦楽団とのクルーセルの協奏曲がグラモフォン誌2018年6月号の特選盤となり、またBBCミュージックアワードにもノミネートされた他、コリンズが吹き振りしたBBC交響楽団とのイギリスのクラリネット協奏曲集もリリース。2017年にはイアン・ボストリッジ、アントニオ・パッパーノらとの「シェイクスピア・ソングス」でグラミー賞(ベスト・クラシカル・ソロ・ボーカル・アルバム)を受賞した。

2015年には音楽への多大な功績が認められ、大英帝国五等勲爵士を受章。ヤマハ・クラリネットを使用。

Michael Collins is one of the most complete musicians of his generation. With a continuing, distinguished career as a soloist, he has in recent years also become highly regarded as a conductor. He is Artistic Director in Residence of the London Mozart Players, and from 2010 – 2018 he was the Principal Conductor of the City of London Sinfonia. Recent guest conducting and play-directing highlights have included engagements with the Melbourne Symphony Orchestra, BBC Symphony Orchestra and the Zurich Chamber Orchestra.
Recent highlights include a return to the Philharmonia Orchestra as conductor; performances worldwide with orchestras including Minnesota Orchestra, Swedish Chamber Orchestra, the Rheinische Philharmonie, Kyoto Symphony Orchestra, BBC Concert Orchestra and Kuopio Symphony Orchestra, and tours in South Africa, Australia (with the Melbourne Symphony Orchestra), Japan and Mexico (with the Orquesta Sinfónica Nacional).
Michael celebrates his 60th Birthday in 2022 and has given commemorative concerts at Wigmore Hall and at Queen Elizabeth Hall with the London Mozart Players. He was also interviewed for a double page spread in Gramophone Magazine. In January 2021 Michael gave the debut performance of new ensemble Wigmore Soloists, a new Associate Ensemble funded by the Wigmore Hall. Led by Michael Collins and violinist Isabelle van Keulen. Wigmore Soloists will see leading international instrumentalists coming together to perform a wide range of chamber music repertoire, from duets to works for up to 10 musicians. The ensemble released the Schubert Octet on disc in 2021 to great acclaim (BIS Records).
Michael Collins has been committed to expanding the repertoire of the clarinet for many years. He has given premières of works such as John Adams’ Gnarly Buttons, Elliott Carter’s Clarinet Concerto – for which he won a Gramophone award for his recording on Deutsche Grammophon – and Brett Dean’s Ariel’s Music and Turnage’s Riffs and Refrains, which was commissioned by the Hallé Orchestra. Collins has gone on to perform Turnage’s work with the Residentie Orkest, Royal Flanders and Helsinki Philharmonics, as well as the London Philharmonic Orchestra. Collins has received the Royal Philharmonic Society’s Instrumentalist of the Year Award in 2007 in recognition of his pivotal role in premièring repertoire by some of today’s most highly regarded composers.
In great demand as a chamber musician, Collins performs regularly with the Borodin, Heath and Belcea quartets, András Schiff, Martha Argerich, Stephen Hough, Mikhail Pletnev, Joshua Bell and Steven Isserlis. His ensemble, London Winds, celebrated its thirtieth anniversary in 2018 and the group maintains a busy diary with high calibre engagements such as the BBC Proms, Aldeburgh Festival, Edinburgh Festival, City of London Festival, Cheltenham International Festival and Bath Mozartfest. During the 2019-20 season he was an Artist in Residence at the Wigmore Hall which included concerts with Stephen Hough, the Vienna Piano Trio, Leonard Elschenbroich, Michael McHale and the Borodin Quartet.
Michael Collins records for Chandos, and in his prolific recording career he has covered an extraordinarily wide range of solo repertoire, which also includes releases on Deutsche Grammophon, Decca, EMI and Sony.
He is one of the world’s most recorded clarinettists, having made no fewer than twenty discs for Chandos alone. His most recent release is of the Mozart Clarinet Quintet and Concerto and Birchall Clarinet Concerto, performed with Philharmonia Orchestra and Wigmore Soloists, which received a five star review from BBC Music Magazine.
Prior to this, he released a disc of Brahms Sonatas with Stephen Hough, and in July 2020, released a disc featuring Vaughan Williams’ Symphony No. 5 and Finzi’s Concerto for Clarinet and Strings with Philharmonia Orchestra, directed by Michael. This disc received multiple five star reviews in Gramophone and BBC Music Magazine (“This rather unusual coupling owes its existence to a world-class clarinettist”) alongside rave reviews on BBC Radio 3 and an exclusive interview in Presto Magazine.
Other recent releases include a disc of Crusell Clarinet Concertos with the Swedish Chamber Orchestra, which was Gramophone Magazine’s ‘Recording of the Month’ in June 2018 and was nominated for BBC Music Magazine Award; and a disc of British Clarinet Concertos with the BBC Symphony Orchestra which features Collins as soloist and conductor. In 2017 he was awarded a Grammy for his disc ‘Shakespeare Songs’ with Ian Bostridge and Antonio Pappano (‘Best Classical Solo Vocal Album’).
In the Queen’s Birthday Honours of 2015, Michael Collins was awarded an MBE for his services to music. He plays on Yamaha clarinets.