株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

瀬﨑 明日香
Asuka Sezaki

- Japan  - Violin

しなやかに大胆に・・研ぎ澄まされる成熟のソリスト

 東京藝術大学附属音楽高等学校に入学後、15歳で日本演奏連盟主催・演連コンサートに出演。東京文化会館小ホールにてパガニーニの〝24のカプリース〟全曲演奏にてセンセーショナルにデビューを果たす。
同大学を首席卒業後、パリ国立高等音楽院第3課程(大学院)に留学、文化庁派遣芸術家在外研修員としてヴァイオリン科、室内楽科を修了。
故田中千香士、堀正文、景山誠治、パリ時代にはレジス・パスキエ、ジャン・ジャック・カントロフ、クリスティアン・イヴァルディの元で研鑽を積み、現在はロームミュージックファンデーションの研修を経てフェリックス・アーヨに新境地を模索する。
宝塚ベガ音楽コンクール第1位、第64回日本音楽コンクール第1位、L.モーツァルト国際コンクール、ヴィエニアフスキ国際コンクール上位入賞、トリエステ国際室内楽コンクール最高位受賞。フォーバルスカラシップ・ストラディヴァリウスコンクール優勝。千葉市功労賞、ラヴェル賞、バロックザール賞受賞。
意欲的な活動を展開し、日本をはじめ世界のオーケストラと共演を重ねる。
 最近の主な活動は、2011年飯森範親指揮、札幌交響楽団とブラームスの協奏曲、パリ国際プーランク週間出演、2012年小林研一郎指揮、読売日本交響楽団とメンデルスゾーンの協奏曲、大井剛史指揮、新日本フィルとベートーヴェンのトリプルコンチェルトを演奏、2013年小林研一郎指揮、名フィルとブルッフの協奏曲1番を共演、NHK-BS出演。イタリアのカンポバッソ劇場にてリサイタル。2014年2月小林研一郎指揮東フィル名曲コンサートにてベートーヴェン、5月にはサントリーホールで日本フィルとメンデルスゾーンの協奏曲を共演。12月ドレスデン国立歌劇場室内管弦楽団とモーツァルトの交響協奏曲、ヘルムート・ブラニー指揮東京シティフィルとモーツァルトの協奏曲第5番を共演。2015年3月小林研一郎指揮名フィル、5月日本フィル共演。6月セルビアでの世界平和コンサートに参加。2016年名フィル、大フィルと共演。ムーティ指揮による日伊国交150周年記念オーケストラに参加、ラヴェンナ音楽祭出演。ベルギーにおいてブリュッセル国立図書館、リエージュ大学にて演奏。2017年7月京響との共演、9月イタリア、クレモナのストラディヴァリウス楽器博物館で演奏予定と、ヨーロッパと日本を往復しながら精力的な活動を続けている。
また、ライフワークであるスペシャルオリンピックスの為に創設された「コバケンとその仲間たちオーケストラ」では、ソロ、コンサートミストレスを務める。(活動がドキュメンタリー映画「天心の譜」DVDとなる)
さらに、株式会社ネイチャーズウェイの環境顧問を務める他、ボランティア、アウトリーチ活動も積極的に行っている。
 東京・春・音楽祭、ながさき音楽祭、みずなら音楽祭、なちゅら音楽祭、アクロス福岡弦楽合奏団に出演する他、秋吉台セミナー、毎日学生音楽コンクール、日本クラシック音楽コンクール審査など後進の指導にも携わる。千葉市文化振興会委員。
 ALMコジマ録音よりイザイ無伴奏ソナタ全曲(レコード芸術特選盤)、サンサーンス作品集をリリース。オクタヴィアレコード江崎昌子ショパンのオーケストラ小品集の小林仁氏編曲による室内楽版、来年発売予定のNAXOS瀬尾和紀ベートーヴェン:フルート室内楽作品集に参画。
  公式HP http://asukasezaki.com/

photo : Studio MaaR

Asuka Sezaki started playing the violin at the age of six. After studying under Prof. Chikashi Tanaka, Prof. Seiji Kageyama and the solo concert master, Masafumi Hori, of NHK Symphony Orchestra, she graduated head of her year of Tokyo University of Fine Arts and Music. She furthered her study for five postgraduate years at the Conservatoire National Superieur de Musique et de Danse de Paris, where she was taught the violin by Prof. Regis Pasquier, Prof. Jean‐Jacque Kantorow and chamber music by Prof. Christian Ivaldi, under a full scholarship from the Cultural Agency of Japan.

She won the 64th Japan Music Competition and ranked 3rd in the Leopold Mozart International Competition in 1995, came 4th in the Henryk Wieniawski International Competition in 1996, and received the highest award in the Trio di Trieste International Chamber Music Competition in 2003, as well as winning the Forval Scholarship Stradivarius Competition in 2005.

She was invited to perform in leading festivals, including the Festival Reims, Bourgogne and the Festival de I’Orangerie de Seaux in France. She has frequently performed with orchestras such as ; Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, New Japan Philharmonic, Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, The Japan Philharmonic Orchestra, Tokyo Philharmonic Orchestra, Tokyo City Philharmonic Orchestra, NHK Chamber Music Orchestra, Sapporo Symphony Orchestra, Osaka Philharmonic Orchestra, Kansai Philharmonic Orchestra, Nagoya Philharmonic Orchestra, Central Aichi Symphony Orchestra, Munchener Rundfunk Orchester, Orchestre de Bretagne andCamerata de Bourgogne.

She also plays with such musicions as Jean-Jacque Kantrow,Regis Pasquier, Tsuyoshi Tsutsumi, Noboru Kamimura, Jean-Claude Pennetier, Katumi Ueda, Kazuoki Fujii, Akiyoshi Sako, Hiroyuki Iwaki, Kenichiro Kobayashi, Naoto Otomo and Junichiro Hirokami.

In 2011, she performed in Poulenc International Week in Paris,Classic Festival by Japan Federation of Musicians, etc. Also, she aggressively participates in charities or outreach activities playing as the concertmistress of the orchestra led by Kenichiro Kobayashi at Special Olympics, working in adviser of environmental foundation of Sanders Perry, cosmetic company, and a member of a board of Chiba City Cultural Development Division.

In April 2012, she played Violin Concherto No 1 by Bruch with Japan Philharmonic orchestra conducted by Kenichiro Kobayashi at Suntory Hall, Tokyo and Aichi Prefectural Art Theater, Nagoya. In May, performed Beethoven Triple Concerto with New Japan Philharmonic.

Since autumn in 2011, she has been studying under Felix Ayo in Italy as a scholarship student by ROHM Music Foundation.

Her first CD, six sonatas for violin solo by Eugene Ysaye, has been released from ALM RECORDS(Kojima Recordings),with honors for a blue-ribbon disk and in the second CD, she plays Saint-Saens’s works for violin and piano with Prof.Emmanuel Strosser in the Conservatoire National Superieur de Music et de Dance in Paris.