株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

ダネル弦楽四重奏団
Quatuor Danel

- Belgium  - String Quartet

ベルギーが誇る実力派カルテット

【メンバー】
マルク・ダネル(ヴァイオリン)
ジル・ミレ(ヴァイオリン)
ヴラッド・ボグダナス(ヴィオラ)
ヨヴァン・マルコヴィッチ(チェロ)

1991年ベルギーのブリュッセルで結成。アマデウス弦楽四重奏団、ボロディン弦楽四重奏団、ベートーヴェン弦楽四重奏団等のもとで学ぶ。結成後数年で国際的に活躍の幅を広げ、93年サンクトペテルブルクのショスタコーヴィチ国際弦楽四重奏コンクール第1位、94年ロンドン国際弦楽四重奏コンクール第3位、95年エヴィアン国際弦楽四重奏コンクール第2位及び国際プレスの審査員特別賞を受賞。世界各地の主要なコンサートでの演奏、一連の画期的なCD録音などにより、常に世界の音楽シーンを先導する。伝統的な弦楽四重奏曲に新たな視点から生気を吹き込む演奏は各方面から称賛されている。また、リーム、ラッヘンマン、グバイドゥーリナ、デュサパン、ヴィットマン、マントヴァーニといった主要な現代作曲家とのコラボレーションも彼らの強みである。
コンサートは、ウィグモアホール(ロンドン)、シャトレ座(パリ)、コンセルトヘボウ(アムステルダム)等ヨーロッパをはじめ、北京、台北、東京、ニューヨークなど世界各地に及ぶ。また、オールドバラ(イギリス)、クフモ(フィンランド)、ルツェルン(スイス)、シュレスヴィヒ=ホルシュタイン(ドイツ)、ラ・フォル・ジュルネ(フランス)など各地のさまざまな音楽祭に招かれ演奏している。
レパートリーは幅広く、これまでにハイドン、ベートーヴェン、シューベルト、ショスタコーヴィチ、ヴァインベルクの弦楽四重奏曲のツィクルスに取り組んだほか、クセナキスの最後の弦楽四重奏曲のフランス初演をおこなった。2005年にリリースしたショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全曲録音は画期的な解釈のひとつとして今なお評価されている。さらに、ショスタコーヴィチの友人としても知られるヴァインベルクの17の弦楽四重奏曲の録音に世界に先駆けて挑戦し、注目を集めた。
若手音楽家の教育活動にも熱心で、2005年からマンチェスター大学の専属カルテットとしてセミナーやマスターコースに参加しているほか、15年からは、オランダ弦楽四重奏アカデミーでも定期的に指導に当たっている。また、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)、メリーランド大学、国立台北芸術大学、リヨン国立高等音楽・舞踊学校、リール音楽院などでもコースを担当。
2005年9月に札幌コンサートホールの招聘により初来日を果たし、札幌、釧路、新潟、東京で演奏。さらに札幌では06年「Kitaraショスタコーヴィチウィーク」2夜連続演奏会、07年3日間連続演奏会、09年2夜連続演奏会、11年「Kitaraあ・ら・かると」、13年、17年の演奏会に出演。道外でも09年に埼玉と福岡、11年福岡、13年に東京と福岡、17年に新潟と福岡で公演を行い、いずれも好評を博している。
2018年9月にフランクのピアノ五重奏曲及び弦楽四重奏曲のCDをリリース。19年は、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲全曲及び弦楽六重奏曲、リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団との共演でハルトマンのクラリネットと弦楽四重奏のための協奏曲のCDをリリース予定。さらに本年は、ショスタコーヴィチとヴァインベルクの弦楽四重奏曲のツィクルスをイギリス、オランダ、フランスで予定しているほか、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲のツィクルスをイスラエル、台湾、ドイツ、フランス、イギリス、オランダ各地で予定。

[Member]
Marc Danel (violin)
Gilles Millet (violin)
Vlad Bogdanas (viola)
Yovan Markovitch (cello)

The Quatuor Danel was founded in 1991 and has been at the forefront of the international music scene ever since, with important concert performances worldwide and a row of groundbreaking CD recordings. The quartet is famous for their bold, concentrated interpretations of the string quartet cycles of Haydn, Beethoven, Schubert, Shostakovich, and Weinberg. Their lively and fresh vision on the traditional quartet repertoire has delivered them subsequent praise from public and press. The other part of their force lies in the collaboration with major contemporary composers such as Wolfgang Rihm, Helmut Lachenmann, Sofia Gubaidulina, Pascal Dusapin Jorg Widmann and Bruno Mantovani.

Russian composers have a special place in the Quatuor Danel’s repertoire. They have championed all string quartets by Shostakovich and recorded the complete cycle for Fuga Libera in 2005. This box-set was re-issued by Alpha and still counts as one of the benchmark interpretations of Shostakovich’ quartets. The Danel were the first quartet to record the other great string quartet cycle of the twentieth century: the 17 quartets by Mieczysław Weinberg. Their performance in Manchester and Utrecht was the first time ever live interpretation of the complete Weinberg cycle worldwide.

Education is also at the heart of the activities of the Quatuor Danel. An essential part of their mission is to pass on their knowledge, their experience and the musical heritage they received from their own mentors: members of the Amadeus and Borodin Quartets, Fyodor Druzhinin, Pierre Penassou, Walter Levin and Hugh Maguire. Since 2005, the Quatuor Danel is quartet in residence at the University of Manchester, where they uphold a tradition of coaching and collaborations with world-renowned musicologists. Since 2015, they also teach regularly at the Netherlands String Quartet Academy in Amsterdam. They gave classes at the University of California, Los Angeles (UCLA), University of Maryland and Skidmore College, at the Taipei National University of the Arts, at Conservatoire of Music and Dance Lyon the Conservatoires of Lille and Nice and at the Kuhmo Chamber Music Festival.

The quartet’s current diary will take them to the major concert halls in Brussels, Amsterdam, Paris, London, Madrid, Vienna, Hambourg, Leipzig, Milano, Taipei, Tokyo, New York, Washington, Los Angeles and San Francisco, but they are also comfortable playing in lesser known intimate venues. Quatuor Danel is a regular guest at festivals such as Ottawa, Kuhmo, Cork, Lofoten, Rosendal, Schleswig-Holstein, Bregenz, Schostakowitsch Tage Gorisch, Luzern Zaubersee, Sakharov Festival, Richter Festival, Enescu Festival, Fayence, Luberon, Montpellier, Folles Journées de Nantes. Present seasons the Danel will be featuring a series of quartet cycles around the world: the complete Shostakovich and Weinberg cycles at Phillips Collection Washington, Wigmore Hall, Muziekgebouw Amsterdam and TivoliVredenburg Utrecht, Philharmonie de Paris, Elbphilarmonie Hamburg, Complete Beethoven cycles sound in Jerusalem, Taipei, Lyon, Badenweiler, Manchester and finally in Utrecht.

In October 2016, the Quatuor Danel started a 3-year residency in Utrecht, consisting of concerts, masterclasses, lectures and unusual collaborations with other artists. The Danel’s will be in residency in Wigmore Hall for three years in 2019.