株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

トーマス・フートゥン
Thomas Hooten

- USA  - Trumpet

アメリカのメジャーオケNo. 1の注目株
ロサンゼルス・フィル首席奏者

 フロリダ州タンパ市出身、南フロリダ大学にて学士を、またライス大学にて修士獲得。
2000年にワシントンDCのアメリカ海兵隊バンドでトランペット/コルネット奏者としてキャリアを開始し、同楽団ではしばしばソリストとしても活躍。在任中に、リッチモンド交響楽団の第2トランペット奏者のオーディションに合格し、2004年まで在籍。インディアナポリス交響楽団のアシスタント首席トランペット奏者、2006〜2012年アトランタ交響楽団の首席奏者を経て、現在は、ロサンゼルス・フィルハーモニックの首席奏者を務める。
 アトランタ響在籍中には妻のジェニファー・マロッタと共にケネソー州立大学の講師を務め、現在は、南カリフォルニア大学の講師、アスペン音楽祭の客演奏者兼講師として後進の指導にもあたっている。
 ソリストとして、またクリニックにおける講師として世界各地へ招かれており、近年はロサンゼルスの映画音楽にスタジオミュージシャンとして参加するなど活動の幅を拡げている。2011年には初のソロ・アルバム「トランペット・コール」をリリース。これまでにアルマンド・ギターラ、ジョン・ハグストローム、ドン・オーウェンの各氏に師事。
ヤマハ・パフォーミング・アーティスト。

Thomas Hooten is Principal Trumpet of the Los Angeles Philharmonic Orchestra, a position which he has held since 2012. Prior to joining the LA Phil, Hooten served as Principal Trumpet in the Atlanta Symphony from 2006-2012 and as Assistant Principal Trumpet with the Indianapolis Symphony. He began his professional career in 2000 with a trumpet/cornet position in “The President’s Own” United States Marine Band in Washington, D.C. He released “Trumpet Call,” his first solo album, in 2011.

Tom is currently on the faculty at the University of Southern California (USC) and he also serves on the fac­ulty for the Aspen Music Festival, acting as a guest artist and teacher. While in Atlanta, he shared a studio with his wife, Jennifer Marotta, at Kennesaw State University. Tom travels across the world as a soloist and clinician, and he is currently ac­tive in the Los Angeles studio scene. A native of Tampa, Florida, he earned his Bachelor of Music degree from the University of South Florida and his Master of Music degree from Rice University. His primary trumpet teachers have included Armando Ghitalla, John Hagstrom, and Don Owen.

Tom is a Yamaha performing artist.