株式会社オーパス・ワン | Opus One Co., Ltd.

瀬尾 和紀
Kazunori Seo

- Japan  - Flute

類まれなる超絶技巧と多彩な音楽性

1998年、パリ国立高等音楽院を首席卒業、同時に「ニールセン国際音楽コンクール」、「ジャン=ピエール・ランパル国際フルート・コンクール」、「ジャン・フランセ国際音楽コンクール」、「ジュネーヴ国際音楽コンクール」などで立て続けに優勝・入賞を果たし、一躍脚光を浴びた。現在に至るまで、フランスと日本を中心に、ヨーロッパ各国、アメリカ、カナダ、チリ、また中国、台湾、韓国などのアジア諸国において演奏活動を行い、クフモ室内楽音楽祭(フィンランド)、フランス国営放送局モンペリエ音楽祭、済州島音楽祭、北九州国際音楽祭や世界各地のフルート・コンヴェンション、国際コンクールの審査員として招かれている。

日本においては、1999年に東京都交響楽団との共演(イベールのフルート協奏曲)でデビュー以来、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、日本フィルハーモニー管弦楽団、読売日本交響楽団、札幌交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、広島交響楽団、九州交響楽団などと、バロックから現代曲に至るまで幅広いレパートリーで共演を重ねている。

レコーディングも精力的に行っており、2001年にNAXOSよりハンガリーのニコラウス・エステルハージ・シンフォニアと共演した≪ホフマン/フルート協奏曲集≫(世界初録音)がワールドリリースされ、CDデビュー。その後もエラート・レーベルより「~シランクス~フランス・フルート近代作品集」(2001年)、ワーナー・ミュージック・ジャパンよりパトリック・ガロワ指揮、シンフォニア・フィンランディア・ユヴァスキュラと共演した「超絶技巧フルート協奏曲集」(2004年)などがリリースされ、いずれも絶賛を博している。

2013年より再びNAXOSに復帰し、ピアニストの上野真とのコラボレーションを中心に、モシェレス、ツェルニー、ベートーヴェン他、W.F.バッハやピアソラなど、幅広いレパートリーに着手。また自身のCDレーベル「レ・メネストレル」と「ヴィルトゥス・クラシックス」も立ち上げ、ピアノの巨匠ヴァルター・ギーゼキング作曲の室内楽作品を発掘し録音するなど、独自のスタンスで意欲的なプロデュースを手がけている。

近年は、指揮、ピアニストとしても活躍し、フランスのオールネイ・スー・ボワ国立音楽学校ではフルート科専任伴奏員を長年務めており、またパトリック・ガロワとのデュオは、好評を博している。編曲にも盛んに取り組み、2011年に名古屋・三井住友海上しらかわホールで行ったプロジェクトでは、ベートーヴェンの「英雄」、マーラーの交響曲第9番をオリジナル編曲版として仕立て、その斬新な企画と演奏は大きな反響を呼んだ。

また2009年、「秋吉台ミュージック・アカデミー」(秋吉台国際芸術村)を立ち上げ、後進の育成活動にも携わる。これまでに京都芸術祭賞(1999年)、北九州市民文化賞(2000年)、福岡県文化賞(2004年)受賞。

Kazunori SEO has a seamless, warm delivery that is perfect for the repertoire. Yet when called on to supply the requisite bravura, he confidently steps up to the plate and delivers. The performances also radiate a fine sense of energy and unforced stylish grace. (American Record Guide / USA)

The sonority, magnificently timbre without falling ever in the excess, serves the expression marvellously…. Kazunori SEO perpetuates with elegance, distinction and class, the best tradition of the French school of the flute of which he is descended. (La Traversière Magazine / FRANCE)

Prize-winner of the prestigious international competitions, notably “Carl Nielsen” and “Jean-Pierre Rampal in 1998, and more “Geneva” in 2001, Kazunori SEO has won attention as one of the world’s outstanding flutists through numerous appearances as soloist, recitalist and chamber musician.

He has performed with especially Patrick Gallois, Jean-Michel Damase, Emile Naoumoff, Maurice Bourgue, Jörg Demus, the Tokyo Metropolitan Orchestra, the Odense Symphony Orchestra, the Ensemble Orchestral de Paris, the Tokyo City Philharmonic Orchestra, the Nicolaus Esterházy Sinfonia, the Sinfonia Finlandia Jyväskylä, the Kyushu Symphony Orchestra and the Sapporo Symphony Orchestra, among others in Europe, in Asia, and in North and South America….
In 2005, he won the Pro Musicis International Award in Paris and he gives recitals regularly in Paris (Salle Cortot), New-York (Carnegie, Weill Recital Hall), Boston, Tokyo as the artist of Pro Musicis Association.

A passionate and dedicated as chamber musician, arranger & recording producer. He produce regularly many concerts and recordings for Naxos and his own labels “Les Ménestrels” & “Virtus Classics”, with Svetlin Roussev, Nicolas Dautricourt, Nicolas Baldeyrou, Laurent Wagschal, Jong-hwa Park, Makoto Ueno etc…. In 2011, he was commissioned by the Shirakawa-Hall in Nagoya (Japan), arranged two symbolic symphonies to chamber music. Beethoven’s Eroica Symphony for 6 players and Mahler’s 9th Symphony for 12 players. These arrangements got a lot of attention in the Japan music scene.

The flutist Kazunori SEO was born in Kitakyushu (Japan) in 1974. He began his musical studies since the age of 6 years with his parents who are musicians, but it is especially in Paris that he accomplished the essential of his musical studies. He studied flute in Paris with Raymond Guiot, Kurt Redel, Patrick Gallois, Benoît Fromanger and Alain Marion at the Conservatoire National Supérieur de Musique de Paris (CNSMDP) where he was awarded the “Premier Prix” in flute in 1998. He also studied chamber music with Pascal Le Corre, Emmanuel Nunes, Christian Ivaldi, Ami Flammer, and he was awarded at the CNSMDP the “Premier Prix” in chamber music in 1999. He concluded his musical studies with Maurice Bourgue at the CNSMDP.